Internet Explorerでは表示できません。

スマートフォンよりアクセスいただくか、Google Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Safari等の新しいブラウザをお使いください。

Tradition

究極の黒を
伝統とナノテクノロジーの
融合で探求する

Nanotechnology

黒という深遠な色は
古来より人を魅了し続けてきました。
黒はただの色ではなく、
光を無にする光学性能の現れです。
黒がもつ無の精神性の中には、
禅に通じる美意識が詰まっています。

私たちは、究極の黒を生み出す技術の
探求を通して、
美しい文化をつくるだけでなく、
循環社会の実現に挑戦しています。

ZENBLACKが切り開く
黒の3つの可能性

ULTIMATE

漆黒

誰も見たことがない黒へ。
究極の黒さの追求。

古来より、より深い黒に私たちは美しさを感じてきました。私たち東洋インキグループがもつナノテクノロジーを用いて、様々な用途で利用できる究極の黒さを実現します。例えば地球上で現在最も黒い物質カーボンナノチューブ(CNT)の分散体技術において、私たちは世界のトップランナーと自負しています。
この技術を用いて、私たちはこの1200年で最も黒い漆を完成させました。
※トーヨーカラー株式会社は、東洋インキグループの中核事業会社の一つとして、グループの「色材・機能材関連」事業を担っています。

ULTIMATE

その他、3次元構造をもった塗膜の形成によるマットな黒色の技術など、ナノテクノロジーによって黒を進化させる技術を続々と開発しています。

SHADOW
SHADOW

陰影

あらゆる陰影を美しく。
立体感を際立たせる
影としての黒。

自動車のボディーなどぬらりと光る曲面の美しさを際立たせることは、塗装技術開発においての重要な課題の1つでした。私たちはカーボンナノチューブ(CNT)の分散体技術を生かして、地の色を残したまま深い陰影を際立たせる効果のある特殊なクリア塗装を開発し、色材技術で新しいコンセプトのプレミアムコーティングを生み出しました。テクノロジーによって私たちは美しい塗装をさらに一歩前へ前進させます。

CIRCULAR

循環

黒は再生を加速する。
資源循環と共生社会を
実現する黒。

私たちが生み出すゴミの量は莫大です。1年間に日本が排出するプラスチックゴミの量は約900万トン。そのうちプラスチックとしてリサイクルされるのは23%程度に過ぎません。ゴミのリサイクルが進まない原因の1つに、意匠性の問題があります。リサイクルのカラープラスチックは濁った色になるため、利用が限られる場合があるのです。

CIRCULAR

黒は最も濃い色であり、濁った再生プラスチックに黒を混ぜると黒になる。黒の技術によってプラスチックの再利用が可能になります。ZENBLACKは、廃棄物の再利用を色材技術でお助けします。

ZENBLACK

ZENBLACK
プロジェクトについて

私たちは、黒色の発色において様々な技術を持っています。この最先端の黒色技術を使って、NOSIGNER・慶應義塾大学KMD・日本最大の漆器産地、越前漆とのオープンイノベーションにより、究極の黒さを持つ黒、新しい体験を生む黒、地球環境を守る黒など、様々な黒のイノベーションを生み出すプロジェクト、それがZENBLACKです。