ZENBLACK
shadow CNT

CNTをメタリック塗装と併用することで、フリップフロップ性が増し、影になる部分に深いコントラストをつけることができます。自動車のボディーラインなどにみられる陰影を際立たせる効果があります。

用途:塗料

More info
ZENBLACK shadow CNT

01カーボンナノチューブ(CNT)とは

カーボンナノチューブ(Carbon Nanotube以下CNT)とは、炭素原子から構成される六員環がネットワークを作り、それが単層あるいは多層のチューブ状につながった物質です。従来の化学材料をはるかに凌駕する炭素材料で、さまざまな分野へ応用が期待される一方、一般的な溶媒(有機溶剤や水)に対して、非常に分散が難しいため、工業化には、高度な分散技術を必要とします。

グラファイト構造

CNT(カーボンナノチューブ)とCB(カーボンブラック)

CB(カーボンブラック)とCNT(カーボンナノチューブ)

CNTは、広い共役構造を有するため、吸収波長が広い。

02CNT分散技術のパイオニアとして

トーヨーカラーは、印刷インキの主材料でもある有機顔料の合成で培った有機化学合成技術をはじめ、配合技術や分散技術を硬度に融合することによって、あらゆる分野で使用される材料を提供しています。これまでのインキや塗料の製造で蓄積された合成技術とナノレベルの分散加工技術で、新たにCMT漆黒インキ・塗料用分散体を生み出しました。 トーヨーカラーのCNTは、従来の色材用カーボンブラック(※)よりも、高級感のある“黒”を表現することができます。このCNTを加工応用した漆黒インキ・塗料用分散体は、可視光線領域でフラットな透過性を持つため、カーボンブラックでは限界があったピュアな黒みを実現しました。

※カーボンブラックとは、主にゴムの補強材として、各種タイヤに使用されている炭素素材です。また黒色顔料としてインキ、塗料や、プラスチック着色材料としても使われています。書道で使われている墨の材料の煤(スス)も、カーボンブラックの一種です。

開発品と従来品の違い

  • 開発品(ZENBLACK CNT)

    開発品(ZENBLACK CNT)
  • 従来品(CB)

    従来品(CB)

CNTは、入射光が錯乱を繰り返すため、吸収効率が高い。

ZENBLACK shadow CNTの機能性評価

メタリック塗料の上に陰影塗装を施すことにより、塗装のみで高いフリップフロップ性を実現し、ハイライトをより明るく、シャドウをより暗く表現できます。

ENBLACK shadow CNTの機能性評価
サンプル 測色角度 メタリックカラー
L* a* b*
シルバー塗料 15° 150.41 0.25 -2.71
110° 26.46 -0.61 -1.33
【開発品】シルバー塗料
+微量CNT
15° 146.91 0.26 -0.44
110° 16.56 -0.30 0.54
【従来品】シルバー塗料
+微量CB (high grade)
15° 144.26 0.42 0.19
110° 19.37 -0.35 1.13

[測定条件]
顔料濃度2%により、L*を比較
測色値:シルバー塗料+CNTハーフクリアの測色値

CBはハイライトが暗くなり黄味に濁るが、CNTは影響しない。

日本の技術が生み出した究極の黒色技術
ZENBLACK

ZENBLACKを採用いただいた最終製品には、自由にZENBLACKのロゴ表記および名称を無償にてご利用いただくことができます。日本から生まれた黒の技術を共に発信していただけるパートナーを募集しています。

製品についてのお問い合わせ
Page TOP